タイトル

■趣 旨■
第1条 この規則は、小川村保育園の設置及び管理に関する条例(平成14年小川村条例第10
    号。以下「条例」という。)の規定に基づき、法令及び条例に定めるもののほか、
    保育園の管理運営について必要な事項を定めるものとする。

■入 園■
第2条 村長は、小川村保育園保育の実施に関する条例(平成5年小川村条例第12号)第2     条の規定に基づき、保育の実施をすべき児童を決定しなければならない。

■退園及び休園■
第3条 村長は、保育児童で次に該当する者を、退園又は一時休園させることができる。

(1) 保育の実施基準に該当しなくなったとき。
(2) 伝染病疾患のため伝染のおそれのあるとき。
(3) 心身の障害等により、保育困難のとき又は入園中の他の児童の保育に
    支障を及ぼし、若しくは及ぼすおそれのあるとき。
(4) 保育料を正当な理由がなく滞納したとき。
(5) その他退園又は休園させることが適当と認められるとき。

■休園日■
第4条 保育園の休園日は、日曜及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)
    に規定する日のほか、村長が定めた日とする。ただし、必要に応じ繰替保育を実施
    することができる。

■保育時間■
第5条 保育園の保育時間は、月曜日から金曜日までは午前8時30分から午後4時30分
    まで、土曜日は自由登園とし、午前8時30分から午後0時30分までとする。た
    だし、村長が保育上特に必要があると認めるときは、この限りではない。

■職 員■
第6条 条例第4条に規定する職員は、次のとおりとする。
    園長、主任保育士、保育士、調理手
■職 務■
第7条 保育園職員の職務は、次のとおりとする。
(1) 園長は、園務を掌り、所属職員を掌理する。
(2) 主任保育士は、保育児童の保育を掌理し、園長の職務遂行を補佐する。
(3) 保育士は、保育児童の保育を掌る。
(4) 調理手は、給食調理に従事する。

■帳簿等■
第8条 保育園には、保育児童の家庭等の状況及び入園中に行った保育の経過を記録する帳簿
    等を備えなければならない。
    2 保育園には、会計経理を明らかにするため適当な補助簿及び会議の議事録等事務
      上必要な帳簿を備えなければならない。

■補 則■
第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定める。

附 則
この規則は、平成14年4月1日から施行する。
小川村保育園保育料の徴収条例 保育料徴収金基準額表
小川村保育園管理規則 小川村保育園延長保育事業実施要綱