■残された遺族には遺族基礎年金■
国民年金加入者や、加入したことのある人が亡く
なったとき、その人によって生計を維持されてい
た子のある妻、または子が受けられます。
※遺族基礎年金の「子」とは、18歳に達する年
 度末までの間の子(障害者は20歳未満)のこ
 とをいいます。