タイトル

●こんなときには忘れずにお届けください。●
国民年金は、あなたの未来を支えるパートナーです。
就職・転職・退職・結婚などにより、加入のしかた(種別)が変わる場合があります。その際には届出が必要となりますので、忘れずにお住まいの市区町村の国民年金担当窓口にお届けください。
配偶者が退職・自営業に 会社等に就職 会社員と結婚・退職
第1号被保険者
第2号被保険者が退職し、厚生年金・共済組合の加入者でなくなると、国民年金の種別 は第1号被保険者に変わりますので、被扶養配偶者*の種別も第3号被保険者から第1号被保険者に変わります。
第2号被保険者
●第1号または、第3号被保険者が就職して厚生年金・共済組合の加入者になると、国民年金の種別は第2号被保険者に変わります。
第3号被保険者
●第2号被保険者が退職して被扶養配偶者になると、国民年金の種別は第3号被保険者に変わります。
●第1号被保険者の配偶者が厚生年金・共済組合の加入者になると、被扶養配偶者の種別は第3号被保険者に変わります。
つい忘れがちなのが、被扶養配偶者の方の届出です。
第3号被保険者の届出
第3号被保険者(被扶養配偶者)の方は、国民年金保険料を納付する必要はありませんが、届出をして確認を受けなければ第3号被保険者として扱われません。届出をしていないと将来年金が受けられなくなったり、減額されることもありますのでご注意ください。
*被扶養被保険者とは、厚生年金・共済組合の加入者(第2号被保険者)に扶養されている配
 偶者の方のことです。
こんな時はお届けを!
届け出をしなかったために年金を受けられなくなる場合がありますのでご注意を!